アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

スター・ウォーズ3がアメリカ経済に700億円近い損失を与えた理由とは・・・?

2013.05.07 Tuesday

漫画・アニメ・キャラクターに関する裏話。
漫画・アニメ・キャラクターのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

全世界で大人気のSF映画といえば、スター・ウォーズ
2005年には6部作の完結エピソードとなる、スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐が公開され、大ヒットを記録しました。

さて、全世界で大ヒットを記録したスター・ウォーズですが、アメリカ経済に700億円近くも損失を与えたと一説では言われています。
一体、なぜスター・ウォーズ3がアメリカ経済に損失を与えたのでしょうか。

漫画・アニメ・キャラクターの噂・裏技・裏話_スター・ウォーズ3がアメリカ経済に700億円近い損失を与えた理由
引用:http://www.baixaki.com.br/imagens/wpapers/star-wars-episode-3-2800.jpg

スター・ウォーズ3は世界中で大ヒットを記録し、興行収入や関連商品の売上などは優に数十億を記録し、世界経済へも大きな影響を及ぼしています。
しかし、その一方でアメリカ経済に6億ドル以上もの損失も与えたと一説では言われています。

その理由は、スター・ウォーズが平日に一般公開された為。
なんと、スター・ウォーズが観たいが為に、仕事を休むサラリーマンが続出したのです。
しかも、仮病を使って休む者も少なくなかったと言われています。

これにより6億ドル以上、当時のレートで日本円に換算すると700億円近い損失が出た可能性があるのです。

社会現象を巻き起こし続けているスター・ウォーズ。
ファンにとって、公開日は仕事どころじゃないようですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< キン肉マンの素顔には奇跡を起こす力がある・・・? | main | スター・ウォーズに登場するチューバッカのモデルとは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク