アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

考えただけで背筋が凍る!なぜ人間は黒板をひっかく音が嫌いなのか・・・?

2012.02.27 Monday
身体に関する裏話。
身体のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

人間には、人それぞれ個性があります。
野菜が好きな人もいれば嫌いな人もいる。
クラシック音楽が好きな人もいれば嫌いな人もいる。
固い枕が好きな人もいれば柔らかい枕が好きな人もいる。

そんな中、人類ほとんど全員といっていいほど、共通して嫌いなものがあります。
それは「黒板をひっかく音」。
学生の頃、あの「キーッ」という音に背筋が凍った経験を多くの人がしたのではないでしょうか。

そもそも、なぜ人間はあの黒板をひっかく音が苦手なのでしょうか。

身体の噂・裏技・裏話_黒板
引用:新黒板:最近の出来事

人類がまだ言葉も喋らない遥か昔。
人類はコミュニケーションを鳴き声や身振り手振りで取っていました。

言葉は喋れないものの、人間同士共に生活していた人類。
生活は野生の動物などと隣合わせでもあり、人類は常に危険の中に身を置いていました。
もし、猛獣などの危険な動物が襲ってきた場合、人間は鳴き声で仲間に危険を知らせていたと言われています。

実は、この鳴き声が黒板をひっかく音の周波に非常に近いと言われています。
背筋が凍るような嫌な音を出すことで、仲間に危機感を伝えていたわけですね。
その事が本能に刻まれ、人類は黒板をひっかく音に敏感となっているのです。

「黒板をひっかく」という言葉を聞いただけであの嫌な音を思い浮かべ背筋が凍るのは、本能から来る防御反応だったとは、面白いものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 意外にも一緒の長さ!?首周りと同じ長さの身体の部位とは・・・? | main | 僅か1〜2分!固いカボチャの皮をむきやすくする方法とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク