アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

世界で最も狭い国とは・・・?

2013.09.15 Sunday

海外に関する裏話。
海外のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

世界で最も面積の大きい国といえば、ロシア
面積は日本の約45倍近くあり、世界地図を見ても世界で一番面積が大きいことは一目瞭然ですね。

さて、面積が大きい国がある一方、逆に世界地図を見ていてもまったく目立たないほど面積が小さい国もたくさんあります。

一体、世界で最も面積の小さな国はどこなのでしょうか。

海外の噂・裏技・裏話_世界で最も面積の小さな国はバチカン市国
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Saint_Peter%27s_Square_from_the_dome.jpg

世界で最も面積の小さな国、それはバチカン市国
面積は0.44平方キロメートル。
なんと、これは日本の皇居(1.15平方キロメートル)の半分以下の面積。

バチカン市国は、面積はもちろんのこと、人口の少なさもぶっちぎりのトップ。
1,000人にも満たない人口です。
2位以下は1万人を超えている為、バチカンだけ異常なほど少ないということになります。

皇居よりも狭い国があるとは、世界にはおもしろい国もあるものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 「重い」で検索すると関連キーワードには体重っぽい言葉が1つも出てこない・・・? | main | あと50億年で人類は滅亡する・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク