アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

誰が作ったか分かっちゃう!?ファイルを作成した人物を特定する方法とは・・・?

2012.03.01 Thursday
ITに関する裏話。
ITのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

日々の業務をしていく中で、膨大に増えていくExcelやWordなどの資料(データ)の数々。
大抵の会社では、社員同士で共有できるようファイルサーバ(社員が共通で使うデータ保存用のサーバ)に作成したファイルを保存します。

共通の場所にファイルを置くとなると問題なのが、必要なのかそうでないのかよく分からない不明なファイルがどんどんたまってしまう事。
バックアップの為にコピー(複製)しておいたファイルなど、サーバに不要なファイルが散乱することはよくあります。
そんな時当然必要となってくるのが、ファイルの整理。
ファイルを分類し、見やすく整理しないとグチャグチャになっていく一方。

さて、整理の際に悩まされるのが、必要なのかそうでないのかよく分からないファイルの削除。
消してしまいたいけど、自分が作ったものではないので勝手に消していいものなのかどうか。

実は、ファイルを誰が作成したのか調べる方法があるのです。
これを使えば、消していいかどうか本人に確認することもできるので大変便利。
一体、その方法とはどのような方法なのでしょうか。

ITの噂・裏技・裏話_ファイル作成者を調べる方法

まず、作成者を調べたいファイルを右クリックし、プロパティを選択します。
表示されたウィンドウで「セキュリティ」タブを選択し、画面下部にある「詳細設定」ボタンをクリックします。

ITの噂・裏技・裏話_ファイル作成者を調べる方法2

表示されたウィンドウの「所有者」タブを選択します。
すると、このアイテムの現在の所有者という項目が表示されます。
この所有者こそ、まさにファイルを作成した張本人。

所有者にはPCに登録されたユーザ名が出てきます。
企業の場合はユーザ名は大抵本人の名前で登録されているので特定がしやすいのです。
謎のファイルがある場合、誰が作った物か調べることができるので大変便利ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< そんな方法もあったのか!身体を全く動かすことなく眠気を覚ます方法とは・・・? | main | 買う時はキロ単位なのに!?米1合は何グラムあるのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク