アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

簡単だけど使えるのは1度だけ!?3枚のコインの中から相手の選ぶコインを予知するマジックとは・・・?

2012.03.02 Friday
サプライズに関する裏話。
サプライズのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

テレビなどでプロのマジシャンが見せるマジック
何度見てもトリックが分からずモヤモヤした経験のある人は多いのではないでしょうか。
「自分もあんな凄いマジックができたら…」、一度は考えそうなことですね。

さて、プロのマジシャンのように難しいマジックを披露せずとも、人をちょっとだけ驚かせる事は誰にでもできます。
今回ご紹介するのは、3枚のコインを使ったマジック
3枚のコインの中から相手が選ぶコインを予知するという内容のマジックです。
一体どのようなマジックなのでしょうか。

サプライズの噂・裏技・裏話_マジシャン
引用:http://photo-dictionary.com/phrase/4357/magician.html#b

まず、3枚のコインを用意します。
ここでは、1円玉、10円玉、100円玉の3枚とし、テーブルに並べます。
この時「100円」(1円でも10円でもどれでもいい)と書かれた紙を、書いた文字が相手に見えないよう折りたたんでテーブルの上に置いておきます。
ここまでで準備完了。

サプライズの噂・裏技・裏話_コインマジック

いよいよマジック開始です。
相手に3枚のコインの中から1枚コインを選んでもらいます。
その時のセリフは「どれか1枚コインを取り除いてください。」と言います。
もしこの時点で「100円玉」を選んだ場合は、紙を開き、「予知が当たりましたね。」と言ってマジック終了。
「1円玉」か「10円玉」を選んだ場合は、マジックは続行です。

サプライズの噂・裏技・裏話_コインマジック

次に、もう1枚コインを選んでもらいます。
セリフは「どちらか1枚コインを選んでください。」と言います。
もしここで「100円玉」でないほうのコインを選んだ場合は、紙を開き、「残ったコインは100円玉でした。予知が当たりましたね。」と言ってマジック終了。
「100円玉」を選んだ場合、「あなたが選んだコインは100円玉でした。予知が当たりましたね。」と言ってマジック終了となります。
どう選んでも最終的には必ず予知が当たるという結果になり、相手を驚かせることができるのです。

なぜ1回目の選択と2回目の選択でセリフが違うのかというと、最後(2回目)の選択は「選ぶ」という意味合いにする為。
最後に100円玉を選んだ場合、1回目のセリフが「選んでください」だとダメなのです。
なぜなら、2回選んで1回当たったという感じになり、予知というよりは「それは確率的に当たるよね」という雰囲気になってしまう為。
その為、1回目は「取り除いてください」と言い回しを変えるのです。

このマジックは1度披露したら2度はできません。
一発勝負かつ簡単なマジックですが、相手を驚かせるには十分。
一度、誰かに披露してみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 渋谷で最も有名なファッションビル!渋谷109の「109」は何を意味しているのか・・・? | main | い〜い湯だな♪温泉芸ができるアザラシがいる・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク