アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

今すぐ財布の中身をチェック!少し変わった5円玉がある・・・?

2012.03.13 Tuesday
生活に関する裏話。
生活のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

買い物の際、おつりで貰った10円玉が「ギザ10」だった。
レアな硬貨を手にしたようで嬉しくなり、取っておく人もいますよね。

ギザ10を知らない人の為に補足すると、ギザ10とは縁がギザギザしている10円玉の事。
通常は縁はツルツルしていますが、1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)に発行された10円玉は、縁がギザギザになっています。

さて、ギザ10は非常に有名な硬貨ですが、5円玉にもこのような少し変わった硬貨があることをご存じでしょうか。
それは、1949年(昭和24年)から1953年(昭和28年)、1957年(昭和32年)から1958年(昭和33年)に発行された5円玉。
一体、どのような特徴があるのでしょうか。

生活の噂・裏技・裏話_フデ5
引用:ファイル:5JPY.JPG - Wikipedia

少し変わった5円玉は「フデ5」と呼ばれています。
通常、5円玉には「日本国」と書かれていますが、フデ5では「日本國」と旧字体で書かれています。
この旧字体で書かれた文字が、筆で書かれたような字体をしていることから、フデ5と呼ばれています。

フデ5の中でも最も価値の高い物は、1957年(昭和32年)発行のフデ5。
製造枚数が1,000万枚ほどで、一枚500円もの価値があると言われています。

硬貨は、製造された年により希少価値が異なってきます。
普段何気なく使っている硬貨が、実は数倍もの価値を持っている可能性がある。
一度、財布の小銭入れをチェックしてみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 物理学の常識が通じない!?あり得ない事が起こるオレゴンの渦とは・・・? | main | 口を開くとすぐ批判!なぜ政治家は批判ばかりするのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク