アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

たくさんありすぎても困っちゃう!?人は選択肢が多すぎるとストレスを感じる・・・?

2012.03.18 Sunday
心理学に関する裏話。
心理学のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

好きな物を食べ、好きな音楽を聴き、好きな服を着る。
人には選択の自由があります。
何を選ぶかはその人次第。
選択の自由は、まさに幸せの象徴。

ところが、意外な事に人は選択肢が多すぎると精神的に疲れるという驚きの発表がされました。
選択肢が増えれば増えるほど、ストレスを感じるのです。
一体、なぜなのでしょうか。

心理学の噂・裏技・裏話_ジャム
引用:Marketing - Developing Product Options

心理学者シーナ・アイエンガーはジャムを使った実験を行いました。
6種類のジャムを売り場に並べた場合と、24種類のジャムを売り場に並べた場合で、客の行動にどのような変化があるかというもの。

単純に考えると、24種類ものジャムが売られている方がいろいろ選べて良さそうなものですよね。
しかし、結果はなんと24種類のジャムを並べた売り場は、6種類のジャムを並べた売り場と比べ、売上が10分の1にしかならなかったのです。
逆に言うと、6種類しか揃えていないほうが10倍も売れたのです。

人は選択肢が多すぎると、選ぶことに疲れてしまいます。
さらに、自分が選んだものが一番いいものなのかどうか自信が持てなくなります。
結果として、選ぶ事を途中で辞めたり、いつも通りの物を選択することが多くなるのです。

営業の人は、「これもあります。あれもあります。」とたくさんの商品を紹介しすぎると逆効果になりかねないので注意が必要ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 順番が逆!?マッチが作られたのはライターよりも後の事・・・? | main | 少し見方を変えるだけで!?あの早口言葉が簡単に言えるようになる方法とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク