アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

現代ではありえない!明治時代に電車で多かった意外な忘れ物とは・・・?

2012.03.20 Tuesday
乗り物に関する裏話。
乗り物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

一日に数千万人もの人が利用する交通手段、電車
これだけ多くの人が利用すると、当然のことながら毎日のように忘れ物が出てきます。

近年、特に多い忘れ物が雨の日の
天気が悪い日は、「傘をお忘れないように」と車内アナウンスされるほど傘の忘れ物が多くなります。

さて、今から100年以上も前、初めて電車が一般的に利用されはじめた明治時代
当時、今では考えられないような忘れ物が非常に多くありました。
現代人はまずこれを忘れることはありません。
一体、明治時代に多かった意外な忘れ物とは何だったのでしょうか。

乗り物の噂・裏技・裏話_電車
引用:http://g-gauge.world.coocan.jp/prototype/kobu/kobu.html

明治時代に電車で多かった忘れ物、それは靴(履物)
まだ電車に慣れていない人は、間違えて靴を脱いで電車に乗っていたのです。
靴を脱いで乗ってしまった人は、降りる駅で履くものがないという痛い状況。

家にあがる際に靴を脱ぐ習慣のある日本ならではの忘れ物と言えます。
現代で電車に靴を忘れるのは酔っ払いくらいなもの。
時代の流れは面白いものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 勘違いから本気の恋に?人の気持ちは簡単に操れる・・・? | main | 綺麗でいたいなら前向きに!?ネガティブな人は老けやすい・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク