アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

これで通じるの!?アメリカ人には「今何時?」と聞こえる日本語とは・・・?

2012.03.29 Thursday

言葉に関する裏話。
言葉のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

喋れるようになりたいと思いつつも、多くの人が挫折してきた英語
「簡単にマスターできる」「聴くだけで喋れるようになる」といった謳い文句の本が数多く出ていますが、そう簡単に喋れるようにはなりません。
他国の言葉を習得するのは一苦労。

そんな中、日本語を発音しているだけなのに英語の一文に聞こえる面白い文章があります。
これならば、日本語を覚えていればいいだけなのでとても覚えやすい。
一体、英語のように聞こえる日本語とはどのようなものなのでしょうか。

言葉の噂・裏技・裏話_サツマイモ
引用:http://www.minamickg-fk-ja.or.jp/archives/1870.html

その日本語の文章は、「掘ったイモいじるな」。
この言葉は、なんと驚くことにアメリカ人には「今何時ですか?」に聞こえるのです。

英語にすると、「What time is it now?」となります。
「ホワット タイム イズ イット ナウ?」といった発音の文章で、意味は「今何時ですか?」。
「掘ったイモいじんな」をちょっと英語っぽく発音すると、不思議なことに「今何時ですか?」と解釈されるのです。

ちなみに、他にもこのような英語に聞こえる日本語はたくさんあります。
例えば、「しらんぷり」という言葉は「Sit down please.(座ってください)」に聞こえるなど。

日本語が英語に聞こえるとは、言語というのは面白いものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 覚えておくといろいろ便利!「さしすせそ」に隠された料理をおいしくするヒントとは・・・? | main | スマホ利用者急増!スマートフォンがついにパソコンを超えた・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク