アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

そんなに忘れているとは…人は20分前のことを半分くらいしか覚えていない・・・?

2012.03.30 Friday
心理学に関する裏話。
心理学のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

「昨日の夕食は何を食べた?」。そう聞かれると意外とすぐには思い浮かばないもの。
テスト前日に一夜漬けで覚えたことも、数日経つとほとんど忘れてしまう。
人はとにかく忘れやすい生き物ですね。

実は驚くことに、人は僅か20分前のことを半分くらいしか覚えていないという衝撃のデータがあります。
一体、そのデータとはどのようなものなのでしょうか。

心理学の噂・裏技・裏話_考える人
引用:http://syoindo.noblog.net/blog/r/10298514.html

人の忘れやすさを示したグラフがあります。
心理学者ヘルマン・エビングハウスが提唱したエビングハウスの忘却曲線と呼ばれるもので、時間経過とともにどれぐらい物事を忘れるかをグラフ化したもの。

これによると、なんと人は20分後には42%のことを忘れてしまうと言われています。
1時間経つと56%忘れ、1日経つと74%を忘れるという結果。
人は前の日のことはほとんど忘れてしまっているのです。

ところが1ヶ月後となると、忘れるのは79%と、1日経った場合とそれほど変化はありません。
覚えてから間もない頃が最も多くの事を忘れやすいということ。
前日の夕食がなかなか思い出せないのも物忘れが激しいわけではなく、ごく自然のことと言えるのかもしれませんね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 頼りないと思ったらとんでもない!マスオさんの驚愕の特技とは・・・? | main | 聞き方をちょっと工夫するだけ!?相手が断りづらくなる誘い方とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク