アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

なんでこの3色?信号機はなぜ赤・青・黄の3色なのか・・・?

2012.04.06 Friday
乗り物に関する裏話。
乗り物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

は「停止」、黄色は「注意」、は「横断可能」。
小さい頃から何の疑いもなく、信号機が赤の時には立ち止まり、青では渡ってきました。
信号機に限らず、多くのものが赤は危険を、青は安全を示しています。

当たり前の事過ぎて疑問にすら感じてきませんでしたが、そもそもなぜ信号機は赤・青・黄の3色となっているのでしょうか。
なぜ赤は危険を、青は安全を示しているのでしょうか。

乗り物の噂・裏技・裏話_信号機はなぜ赤・青・黄なのか
引用:http://www.denvergov.org/tabid/437759/Default.aspx

実は、信号機に赤・青・黄が使われているのはちゃんとした理由があるのです。
その理由とは、色が人に与える心理的効果。

まず、赤は進出色と呼ばれ、実際よりも近くに見える効果があります。
また、赤は他の色と比べて非常に遠くからでもよく見える色。
さらに赤は興奮色とも呼ばれ、人の脳を活性化させる効果もあるのです。
「止まれ」「危険」といった情報をいち早く人の脳にインプットする為には、赤が最も適しているのです。

一方、青は人を落ち着かせ、冷静にさせる効果があります。
そんな心理的効果から、安全を示す色として使われているのです。

最後に、黄色も赤同様「危険」を感じさせる色と言われています。
特に、黄色と黒の組み合わせは警告色とも呼ばれ、人はこの色を見ると無意識に警戒心を持ちます。
踏切やスズメバチなど、黄色と黒の組み合わせのモノを思い浮かべるとよく分かりますね。

信号機は、色が人へもたらす心理的効果を応用して設計された優れた機器なのです。
部屋のデザインやファッションなど、色は応用次第で日常生活をより豊かにしてくれること間違いなしですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< ちょっとお母さん…気づいてあげて!と思ってしまう一枚・・・? | main | 毎日食べる物を見直そう!サラダ油をオリーブオイルに変えるとダイエットに効果的・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク