アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

駄菓子といえばこれ!なぜうまい棒の値段は変わらないのか・・・?

2012.04.09 Monday

食べ物に関する裏話。
食べ物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

1960年創業、50年以上の歴史をもつ株式会社やおきんの主力商品「うまい棒」。
めんたい味、チーズ味、タコヤキ味など多種多様な味があり、駄菓子屋の定番商品として誰もが一度は口にしたことがあるはず。

うまい棒は1979年7月に発売開始され、当時から今現在まで景気に左右されることなく10円という値段をキープしています。
一体なぜ10円をキープし続けることが可能なのでしょうか。

食べ物の噂・裏技・裏話_上手い棒の値段が変わらない理由
引用:プチショップ楽天市場店

値段が変わらない理由は、うまい棒の内容量に秘密が隠されています。
物価が高くなると原材料費が高くなり、通常は商品の値段が高くなります。
しかし、うまい棒は値段を10円のままとして内容量を変更することとしたのです。
景気によって、長さや空洞の大きさなどを調整している為、内容量が5グラムの時もあれば8グラムの時もあるのです。
臨機応変に時代に対応する姿はさすが。

ちなみに、うまい棒の原価は7〜8円程度と言われています。
1本売っても大した利益にはなりません。
しかし、たかが10円とはいうものの、この利益率では仮にうまい棒が1本盗難や破損の被害に合うと、1本分の利益を取り戻すには何十本も売らなければならないのです。

この不景気で大変な時代を生き抜いてきたうまい棒。
これからもどんなテイストで消費者を楽しませてくれるか注目ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< なんでそんな所で!?水中で入社式が行われた・・・? | main | たったの140文字で!?Twitterで140文字レシピをつぶやく芸能人とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク