アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

大きな獲物を逃した!ポケモンはナムコにボツにされた・・・?

2012.04.12 Thursday

漫画・アニメ・キャラクターに関する裏話。
漫画・アニメ・キャラクターのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

1996年2月、あるゲームボーイ用ソフトが発売されました。
そのゲームソフトとは、小学生を中心とする子供の間で大ブームとなり社会現象を巻き起こしたポケットモンスター、通称ポケモン
発売から徐々に口コミで人気を得て、ポケモンシリーズはリリースする度に大ヒットするほどのゲームへと成長しました。
それを証明するかのように、累計販売数でRPG(ロールプレイング)として世界一の販売本数を記録しています。

1990年、まだポケモンが企画段階だった頃。
ポケモンの生みの親である田尻智(たじりさとし)は、企画書を作成しゲーム会社に持ち込みました。
そして、1990年秋に任天堂に企画書が認められ、晴れてゲーム開発を開始することになったのです。

当時、田尻智は任天堂の他にも企画書を持ち込んだ大手ゲーム会社がありました。
しかし、そのゲーム会社にはポケモンの企画にボツを出されてしまったのです。
一体、ポケモンをボツにしたゲーム会社とはどこの会社なのでしょうか。

漫画・アニメ・キャラクターの噂・裏技・裏話_ポケットモンスター
引用:http://www.pokemon.co.jp/

ポケモンにボツを出した会社、それはナムコ
超大手のナムコは、ポケモンの企画を売れないと見て断っていたのです。
しかし、ナムコの読みは見事に外れ、ポケモンは今や社会現象といえるほどの大ヒットゲームへと成長しました。

もしナムコがポケモンを採用していたらと考えると、きっとポケモンからとんでもない恩恵を受けていたことでしょう。
ナムコはとんでもなく大きな獲物を逃してしまいました。

どんな人にも物にも、まだまだ世間に認知されていない下積みのような時期があります。
将来大化けする可能性をいかに見極めるか、難しいところですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 時間の大切さが分かる!人生の時間銀行とは・・・? | main | 頭が固いと解けない!?幼児が数分で解けるのに大人が解けない問題とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク