アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

なぜ黒でも白でもなく「真っ赤な嘘」なのか・・・?

2012.04.15 Sunday

言葉に関する裏話。
言葉のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

白黒はっきりつける、顔が青ざめる。
言葉には比喩的に色が使われているものが数多くあります。
大抵は、色が何を指しているのかニュアンスが分かるものばかり。
しかし、中には「なぜこの色?」と首をかしげてしまうものもあります。

その中の1つに、「真っ赤な嘘」という言葉があります。
分かりきった嘘の事を「真っ赤な嘘」と言うわけですが、一体なぜ「赤」なのでしょうか。

言葉の噂・裏技・裏話_真っ赤な嘘はなぜ赤なのか

赤は「明るい」という言葉が語源と言われています。
その為、赤には「明らか」「まったく」といった意味合いが含まれているのです。
「真っ赤な嘘」は言い換えると「明らかな嘘」「まったくの嘘」となり、「赤」の意味と合致します。

また、「赤の他人」も同様に、「明らかな他人」「まったくの他人」のようになり、やはりここでも赤に「明らか」「まったく」といった意味が含まれているのが分かります。

赤にこのような意味があったとは、色の語源は大変興味深いものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 大学と何の関係が?なぜ大学芋は「大学」と呼ばれているのか・・・? | main | あまりのひどさに絶句…ピカチューのまんじゅうがあまりにもひどい・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク