アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

無駄が無駄を生む!人は買い物に失敗すると払った額以上に損をする・・・?

2012.04.18 Wednesday
心理学に関する裏話。
心理学のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

家賃に食費、水道光熱費。
人が生きていく上でお金は欠かせないもの。
お金を大事に使いたいと思いつつも、つい無駄遣いをしてしまうことはよくあります。

実は、人はお金を無駄にしてしまった時、無駄に支払ったお金以上に損をしてしまうことが多いのです。
一体、なぜ無駄遣いがさらなる損を生むのでしょうか。

心理学の噂・裏技・裏話_無駄遣いすると払った額以上に損をする
引用:WPMU

本屋で1冊の面白そうな小説を買ったとします。
しかし、実際に読み始めると全然面白くなかった、そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
この時、人は「お金を払って買ったんだし、最後まで読まないともったいない」と、大して面白くもない小説を時間をかけて最後まで読もうとしてしまいます。

このように、期待して買ったけど無駄になってしまったお金のことをサンクコスト埋没費用)といいます。
サンクコストは決して取り戻すことのできないコスト。
しかし、人はこの無駄に浪費してしまったコストを取り戻そうとして無理に読むなど、さらに無駄な投資をしてしまうのです。

無駄を取り戻そうとして、さらに無駄な行動を取る。
小説は諦めて、その時間を別のことに使うほうがよっぽど有用。
人は無駄遣いをすると、損のスパイラルに巻き込まれてしまうことがよくあるのです。

この心理は株取引にもあてはまります。
株価が上がると期待して買った株が下落してしまった。
そんな時、持っていればいつかは株価が上がるはずと思い、多くの人が株を売らずに持ち続けてしまいます(塩漬け)。
予測が外れた時は、きっぱり損切り(損をしてでも手放す)をして、次のチャンスを狙うほうが合理的。
にも関わらず、人は簡単に捨てることができないのです。

過去の失敗は失敗と諦め、いかに引きずらないか。
これができる人は成功を掴む確立もグンと上がるわけですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 人気イタリアンシェフ!川越達也が初めて作った料理とは・・・? | main | 働くのが嫌だ…こんな職場は嫌だと誰もが納得する一枚とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク