アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

火を通せばいいというわけではない!?生卵はゆで卵よりも日持ちする・・・?

2012.04.27 Friday
料理に関する裏話。
料理のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

料理に欠かせない
買う時は大抵パック単位で購入しますよね。
パック単位で購入すると、1人暮らしの人などは賞味期限までに使いきれないこともあります。
少しでも長持ちするいい保存方法はないものか。

ここで1つのアイデアが浮かびます。
生卵をゆでて保存したら日持ちするのではないか。
生よりは火を通したほうが長持ちしそう。
これは当然の発想ですよね。

実は、これは誤り。
生卵のほうがゆで卵よりも日持ちします。
一体なぜなのでしょうか。

料理の噂・裏技・裏話_生卵はゆで卵よりも日持ちする
引用:ひなたまこっこ

生卵がゆで卵よりも日持ちする理由、その秘密は卵白にあります。
卵白にはリゾチームという名前の酵素が含まれています。
このリゾチームは市販の風邪薬に含まれている成分で、抗菌作用があるのです。
その為、菌が繁殖しづらく長持ちします。

ところが、このリゾチーム、ゆでると働きがストップしてしまいます。
こうなると、菌は繁殖し放題。
結果として、生卵よりも保存には不向きとなるのです。

賞味期限を何日か過ぎた卵でも、加熱して調理すれば問題なく食べられると言われています。
卵にはリゾチームだけではなく、コレステロール値を下げるレシチンや、老化防止に効果のあるコリンといった成分も含まれています。
卵は生物にとって必要な栄養素がたくさん詰まっていて、素晴らしい食材ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< そんな人間がいるなんて!松井秀喜は人の悪口を言ったことがない・・・? | main | これはちょっと…ヒーローインタビューの裏側があまりにも切なすぎる・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク