アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

100歳なんてまだまだ若い!?世界で一番長生きした人物とは・・・?

2012.04.29 Sunday

びっくり仰天に関する裏話。
びっくり仰天なトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

健康の噂・裏技・裏話「そんなに短かったの!?60年前は日本人の平均寿命が50歳だった・・・?」では、日本人の平均寿命が50歳という時代もあったとお伝えしました。
今では、すっかり長寿国となった日本。
100歳を超えるおじいちゃん、おばあちゃんも少なくありません。

日本の平均寿命の高さも凄いことですが、寿命についてはフランスも負けてはいません。
なんと、世界で最も長生きしたとギネスに認定された人物はフランス人。
一体、その人物はどれくらい長生きしたのでしょうか。

サプライズの噂・裏技・裏話_世界一長生きした人物
引用:community.guinnessworldrecords.com

世界一長生きしたと認定された人物、その人物はフランスのジャンヌ・ルイーズ・カルマンという女性。
なんと、亡くなった時の年齢は122歳と164日
還暦を二回りしてしまうほど長生きしたのです。
とんでもなく長生きしたわけですね。

しかも、驚くことにジャンヌ・ルイーズ・カルマンは117歳になるまで喫煙をしていました。
喫煙を続けながらもこれだけ長生きできるとは信じられないような事実。
また、100歳まで自転車に乗れるなど、あらゆる点で常人離れしていました。

ちなみに、男性の世界記録はアメリカのクリスチャン・モーテンセンで115歳と253日。
彼も還暦を2回りしてしまうほど生きました。

一体これだけ長生きできる秘訣は何なのか、気になるものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< そんなに短かったの!?60年前は日本人の平均寿命が50歳だった・・・? | main | なぜこうなった!?何の意味があるのか意味不明なバリアフリー対策とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク