アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

慣れないと読みづらい?なぜ数字を3桁ごとにカンマ区切りするのか・・・?

2012.05.03 Thursday

数字に関する裏話。
数字のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

決算書、高額な商品の値札など、大きな数字を見ると数字が3桁ごとにカンマで区切られています。
例えば123万4567は「1,234,567」となりますね。

ここで1つ疑問が浮かびます。
数字の単位を考えてみると1万は「10000」、1億は「100000000」、1兆は「1000000000000」と、4桁ずつ桁が増えています。
にも関わらず、カンマを入れる位置は3桁区切り。

4桁区切りにしてくれたら読みやすいのに、と思った方も多いのではないでしょうか。
一体、なぜ3桁区切りでカンマを入れられるのでしょうか。

数字の噂・裏技・裏話_数字を3桁ごとにカンマ区切りする理由

3桁区切りの理由、それは英語を元にしている為。
英語では、日本と違い3桁ずつ単位が上がっていきます。
まずは千(thousand)、その次が100万(million)、次が10億(billion)。
このように3桁ずつ単位が上がっているのです。

その為、日本も国際ルールに則って3桁ずつ区切る方式を採用しているのです。
若干煩わしくもありますが、世界標準に合わせる為には仕方のないこと。
慣れれば違和感はありませんが、3桁区切りにはこのような背景があったわけですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 昭和30年って西暦何年?和暦を簡単に西暦に直す方法とは・・・? | main | よくニュースで聞く言葉、重傷と重体の違いとは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク