アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

この差はちょっと…フルタイムで働く人よりも生活保護受給者のほうが収入が高い事がある・・・?

2012.05.05 Saturday

生活に関する裏話。
生活のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

2011年、200万人を突破したと言われている生活保護受給者。
厚生労働省によると、「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行う」為に、生活保護制度が設けられています。
つまり、働きたくても働けない人など、頑張っても最低限度の収入が得られない人の為に設けられた制度。

生活保護はなくてはならない制度ですが、その支給額が高すぎると批判の声があがっています。
メディアでもその問題点が報道されました。
一体、生活保護受給者はどのくらい国から支給されているのでしょうか。

生活の噂・裏技・裏話_働く人よりも生活保護受給者のほうが収入が高い
引用:http://nanpinshimasuta.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

メディアで1つの例が紹介されました。

28歳の無職Cさんは生活保護を受け、月額13万7,400円。
国民年金保険料や国民健康保険料、医療費などが免除されたりと手厚い保護。

一方で、同じ28歳でアルバイトのDさんは、時給800円で8時間の週5日勤務。
税金や保険などを差し引かれると月額11万円を切る計算。

働けない人が生活保護を受けるのはやむを得ないことですが、フルタイムで働いている人が生活保護受給者よりも収入が低いというのは違和感がありますね。
必要不可欠な制度ではあるものの、その制度の中身には大きな問題があるようです。
今後、どのように見直しがされるのか、気になるところですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 猫はこれが大好き!たくさん猫を飼うと冬場に必ず起きる事とは・・・? | main | ドリフ再結成!?とんでもない応募条件の求人広告がある・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク