アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

スピーチでは最後に要点をもう一度繰り返すと良い印象を与えることができる・・・?

2012.05.08 Tuesday

心理学に関する裏話。
心理学のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ゼミの発表や、大勢の人を前に好きなテーマで喋る3分間スピーチなど、大学生・社会人となると人前でスピーチをする機会が増えていきます。
人前で喋るのが苦手という人にとっては大きなプレッシャーにもなってしまいますね。

さて、スピーチでなんとなく最後が尻すぼみになって終わってしまったことはないでしょうか。
なんとなく自然消滅的に「以上です」と終わるスピーチは、聞く人にあまりいい印象を与えません。
できれば、最後はビシッと力強く締めくくりたいもの。

実は、簡単にスピーチの印象を良くする方法があるのです。
これをやるのとやらないのではスピーチのメリハリが大きく変わってきます。
一体、その方法とはどのようなものなのでしょうか。

心理学の噂・裏技・裏話_スピーチの印象を良くする方法
引用:http://www.uminoichizoku.com/archives/date/2011/03/page/2

スピーチの印象をよくする方法、それはスピーチの最後に「このスピーチで伝えたかったことは」「本日の要点をまとめると」など、最後にスピーチの総括を行うだけ。
最後に「本日伝えたかったことは…」と話すと、聞く人の気を引きつけることができるのです。

最後に伝えた要点が一番聞く人の印象に強く残ります。
これは「クライマックス効果」と呼ばれ、非常に効果が大きく、これをするかしないかでスピーチの印象も大きく変わってきます。

とはいうものの、全体的に内容の薄いスピーチの場合、最後に総括してもあまり効果が出ません。
スピーチの準備は万全にしたいものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 理由はなんでもいい?「から」「ので」を付けると人を説得しやすくなる・・・? | main | 東京オリンピック直前!?新幹線はいつ開業したのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク