アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

そこまでしなくても…インドネシアの鉄道に設置されたとんでもない物とは・・・?

2012.05.12 Saturday

乗り物に関する裏話。
乗り物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

生活に欠かすことのできない電車
世界中で電車は必要不可欠な移動手段ですが、インドネシアでは電車に関してある問題に悩まされています。
それは、電車の屋根に乗る人が多いこと。

屋根に乗る理由は、無賃乗車や車内の混雑を避ける為、中にはスリルを味わう為といった人もいます。
そんな乗客をなくそうと、インドネシアではとんでもない物が設置されました。
一体、そのとんでもない物とは何なのでしょうか。

乗り物の噂・裏技・裏話_コンクリートボールが設置された電車
引用:http://25.media.tumblr.com/tumblr_lxzlt8aD5X1qaxou4o1_500.jpg

設置されたとんでもない物、それは直径10cmほどのコンクリートボール
サッカーゴールのような形で設置されていることから、ゴールボールと呼ばれています。
屋根に乗った人は、コンクリートボールにぶつかり、大怪我もしくは死亡するというとんでもない仕掛け。

インドネシアでは、これまでもオイルや有刺鉄線を使うなど、様々な対策をしてきましたが、どれも効果なし。
そんな中、今回のコンクリートボールは効果絶大でした。
設置以降屋根に乗る人はいなくなったと言われています。
やり過ぎ感はありますが、驚きの対策ですね。

もし屋根に乗ると、ゴールボールに衝突して本当に空へゴールしてしまう。
世界の信じられないような取り組みには驚かされますね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< バルス祭り!?天空の城ラピュタがTwitterの世界新記録を作った・・・? | main | 恐怖で鳥肌が…渋谷に50人以上の貞子が現れた・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク