アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

よくニュースで耳にする「全身を強く打って」は実はグロテスクな状態のこと・・・?

2012.05.13 Sunday

メディアに関する裏話。
メディアのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ニュースで事故や事件を報道する際、大抵似たような表現をします。
その中の1つが、「全身を強く打って死亡」といった表現。

実はこの言葉、聞いたままのイメージだと思ったら大間違い。
驚くことに、言葉以上にグロテスクな状態のことを指しているのです。
一体、「全身を強く打って」とはどのような状態なのでしょうか。

メディアの噂・裏技・裏話_全身を強く打っての意味
引用:ペコの気ままなワールド

「全身を強く打って」とは、原型が分からないほど遺体が損傷している状態のことを表しています。
とんでもなくひどい状態のことを言っているのです。

ニュースでは決して具体的にどういう状態かを報道することはなく、必ずオブラートに包んで報道します。
個人のプライバシーに配慮してなど、様々な理由からこのような報道となっていると言われています。
もし具体的にどのような状態かを説明されても視聴者は不快になるだけですよね。

理由はなんであれ、オブラートに包んで報道するメディア。
報道の言い回しを知ると、ニュースの見方が変わってきそうですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 恐怖で鳥肌が…渋谷に50人以上の貞子が現れた・・・? | main | 街中で大行進!?あまりにもリアル過ぎるレゴの絵とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク