アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

昔の結婚式は波乱万丈!?結婚式で新郎が右、新婦が左に並ぶ理由とは・・・?

2012.05.23 Wednesday
冠婚葬祭の噂・裏技・裏話

冠婚葬祭に関する裏話。
冠婚葬祭のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

人生最大のイベント、結婚式
家族や親戚、友人など、関わりの深い人物が大勢集まり、新郎・新婦を祝福します。
新郎・新婦が主役の一日となり、一生忘れられない大きなイベントですね。

さて、結婚式では基本的に新郎が右新婦が左に並びます。
この並びはなんとなく決められたものではなくて、実は理由があるのです。
一体、新郎が右、新婦が左に並ぶ理由とは何なのでしょうか。

冠婚葬祭の噂・裏技・裏話_新郎が右、新婦が左の理由
引用:http://blog.hotelplazakobe.co.jp/bridal_blog/?p=718

かつて、結婚式は現代のように治安の良いものではありませんでした。
式の途中に新婦をさらっていく者がいるなど、いつ何が起きるか分からない状況。
当時は幸せムードだけではなく、少し神経を張った緊張感のある挙式だったのです。

もし万が一、怪しい者が襲い掛かってきた場合、新郎は全力で新婦を守らなければなりません。
その際、剣で応戦するなど、利き腕の右手が自由に使える必要がありました。
そこで、並びを新郎を右とすることで、右手をいつでも使えるようにしたのです。

波乱いっぱいの結婚式。
そんな過去の名残で新郎新婦の並び順が決まっていたとは、意外な事実ですね。




TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< どこかなつかしい!?ファミコンみたいなギターがある・・・? | main | 兄とは違う?ドラミちゃんの好きな食べ物はドラ焼きではない・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク