アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

左ハンドルが主流なのになぜ!?アメリカで郵便配達の車が右ハンドルの理由とは・・・?

2012.05.26 Saturday

乗り物に関する裏話。
乗り物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

日本の道路が左車線なのに対し、アメリカの道路が右車線となっていることは有名。
その為、日本とアメリカではハンドルの位置も基本的に逆となっています。
アメリカでは人により右ハンドルの車に乗る人もいますが、通常は左ハンドルが主流。

そんな中、アメリカの郵便配達の車はすべて右ハンドルとなっています。
左ハンドルが主流なアメリカで、右ハンドルだと運転しづらそうにも思えますが、一体なぜ郵便配達の車はすべて右ハンドルなのでしょうか。

乗り物の噂・裏技・裏話_アメリカの郵便配達の車は右ハンドル
引用:http://www.heyoco.com/files/090912-2.jpg

アメリカの道路は右車線。
つまり、家など建物は走行方向に対して右側となります。
その為、右ハンドルとすれば、道路脇にある郵便受けに運転席に座ったまま郵便物を入れることができるのです。

仕事をする上で効率が良い為、郵便配達の車は全て右ハンドルとなっています。
普段、左ハンドルに慣れた人には少し運転しづらいかもしれませんが、慣れてしまえばなんてことはありません。
アメリカでは左ハンドルが主流とはいえ、現代では右ハンドルも決して珍しくありません。

国によって異なる車線やハンドルの位置。
その背景は非常に興味深いものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< まるで別人!録音した自分の声が別人みたいに感じる理由とは・・・? | main | 謎が多い生き物!トトロって何歳・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク