アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

なぜタバコ!?新幹線の色はタバコのデザインが元だった・・・?

2012.05.29 Tuesday

乗り物に関する裏話。
乗り物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

新幹線0系電車と呼ばれる初代新幹線。
乗り物の噂・裏技・裏話「東京オリンピック直前!?新幹線はいつ開業したのか・・・?」でもお伝えした通り、1964年に新幹線は開業しました。
新幹線は50年近くもの歴史があります。

さて、新幹線と聞いてどのようなデザインを想像するでしょう。
恐らく多くの人が白い車体に青のラインが引かれたオーソドックスなタイプの新幹線を思い浮かべるのではないでしょうか。

実は、この新幹線のデザインは、タバコのデザインが元となっているのです。
一体、なぜ新幹線のデザインはタバコが元となっているのでしょうか。

乗り物の噂・裏技・裏話_新幹線のデザインはハイライト(タバコ)が元
引用:新幹線0系電車-Wikipedia成田空港免税店 JAL-DFSたばこ:ハイライト

デザインの元となったタバコは、ハイライト
ハイライトは白と青でデザインされていて、新幹線はこれを元に配色等が決められたのです。

理由は、会議の時にテーブルに置いてあるハイライトを見て、そのデザインを気に入った幹部が新幹線もこうしようと決めた為。
デザインは驚くほどあっけなく決まってしまったのです。

タバコを元にデザインされた新幹線。
皮肉なことに、今となってはすっかり禁煙車が大部分を占めています。

今ではすっかりお馴染みになった白と青の新幹線。
まさか、タバコのデザインが由来だったとは、おもしろい事実ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 一度もなかった!?巨人の星の星一徹は一度もちゃぶ台をひっくり返したことがない・・・? | main | 切ない最期…天空の城ラピュタでムスカは最後どうなったのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク