アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

集客に利用!?立ち読み客がいると店の集客率がアップする・・・?

2012.05.31 Thursday

心理学に関する裏話。
心理学のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

コンビニに行くと、雑誌を立ち読みする客をよく見かけます。
立ち読みを禁止しているコンビニもありますが、多くのコンビニは禁止していません。
少し時間の空いた時、気になる雑誌の中身が見たい時、立ち読み客は後を絶ちません。

店側からすると、買いもしないで長時間立ち読みをする客は迷惑な存在のように感じますよね。
ところが、立ち読み客は雑誌を買わなくとも、コンビニの売上に貢献している可能性があるのです。

一体、立ち読み客がいるとなぜ店の売上がアップすることがあるのでしょうか。

心理学の噂・裏技・裏話_立ち読み客は集客効果がある
引用:http://von-nishi.tumblr.com/post/498089178/zip-wwwww

コンビニの雑誌コーナーの場所を思い浮かべてみましょう。
大抵のコンビニでは、雑誌コーナーは窓に面した所にあります。
コンビニでは、あえて外から立ち読み客が見えるような場所に雑誌コーナーを設置しています。

実は、立ち読み客がいると、人は心理的に店に入りやすくなるのです。
心理的に、客があまりいない店には入りづらいと感じる人が多く、立ち読み客の存在はそのような不安を解消するのに貢献しています。
群集心理に近いものがありますね。
人が多く、賑わっていれば自然と足がそっちに向かうということ。

また、立ち読み客がいることで、犯罪防止にもなると言われています。
他に人がいると犯人は犯罪をしにくいため、立ち読み客は犯罪防止にも一役買っているのです。

ただし、マナーの悪い立ち読み客がいるのも事実。
雑誌がボロボロになったり、他の客の邪魔になるなど、苦情の元になることもあります。

立ち読み客はコンビニにとって一長一短。
立ち読みを禁止するほうがいいのか、しないほうがいいのか、コンビニにとって難しい問題ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 一体なぜ!?水よりもお湯のほうが凍るのが早い・・・? | main | 撮影がしんどそう…バットマンのバットスーツが泣きたくなるくらい重かった・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク