アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

撮影がしんどそう…バットマンのバットスーツが泣きたくなるくらい重かった・・・?

2012.05.31 Thursday

メディアに関する裏話。
メディアのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

1989年に公開された映画、バットマン
異形のスーツを身にまとったバットマンは、人間離れした圧倒的なパワーで次々と犯罪者を倒していきます。
そんなバットマンが身にまとう漆黒のバットスーツは、子供にも大人にも「カッコイイ」と大評判。
バットマンのコスプレをする人達も大勢いました。

そんな大人気のバットスーツですが、実はずっと着ていることなどできないほど、とても着づらいスーツなのです。
理由は、その重さ
バットスーツは泣きたくなるくらいの重さ。
一体、バットスーツはどのくらい重いのでしょうか。

メディアの噂・裏技・裏話_バットマンのスーツはとんでもなく重かった
引用:http://tomztoyz.blogspot.jp/2008_11_01_archive.html

1989年に公開されたバットマンで制作されたバットスーツの重さは、なんと約32キロ(70ポンド)。
動くことすらままならないほど重かったのです。

バットスーツはゴムでできていて、バットマンの筋力を強調する為、かなりの厚みとなっていました。
ゴムは密度も高く、厚みが増せばその分相当な重量となります。

しかし、当時主役を務めていたマイケル・キートンはそんなバットスーツを着ながらも、重さを感じさせない演技を見せてくれました。
こんな重い衣装を着ながら演技をしなければならないとは、俳優も大変なものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 集客に利用!?立ち読み客がいると店の集客率がアップする・・・? | main | ついにシェアトップに!Google Chromeがブラウザシェア世界トップになった・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク