アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

悲しい運命…星の王子さまの作者はファンによって殺された・・・?

2012.06.07 Thursday
歴史・偉人の噂・裏技・裏話

歴史・偉人に関する裏話。
歴史・偉人のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

世界中で人気の小説、星の王子さま
1943年にサン=テグジュペリによって制作された小説ですね。
日本でもその人気は高く、箱根に星の王子さまミュージアムが建つほど。

作者のサン=テグジュペリは操縦士として、生涯を空とともに生きてきました。
そんな彼の人生の終わりも空。
第2次世界大戦中の1944年7月、フランスへ偵察機で偵察に向かったまま行方不明となり帰らぬ人となりました。

なんと、サン=テグジュペリはファンによって偵察機が撃墜されたのです。
一体なぜ、サン=テグジュペリはファンに撃墜されることになってしまったのでしょうか。

びっくり仰天な噂・裏技・裏話_サン=テグジュペリはファンに殺された
引用:http://yaplog.jp/t0m0blog2/archive/2039

サン=テグジュペリはドイツのパイロットだったホルスト・リッパート曹長によって偵察機を撃墜されました。
ホルスト・リッパート曹長は偵察機にサン=テグジュペリが乗っていたとは知らず、偵察機を撃ち落としたのでした。

実は、ホルスト・リッパート曹長はサン=テグジュペリの大ファン。
彼がパイロットを目指したのはサン=テグジュペリの作品に影響されてのことでした。
そんな彼が尊敬するサン=テグジュペリの乗る偵察機を撃ち落としてしまったのです。

この事を後に知ったホルスト・リッパート曹長は、「知っていたら絶対に撃墜なんてしなかった」と後悔の気持ちを語り、それから2度と飛行機を操縦することはありませんでした。

戦争の中、ファンによって殺されてしまったサン=テグジュペリと、人生を変えた尊敬する人物を打ち殺してしまったホルスト・リッパート曹長。
あまりにも悲しいその結末は悲劇としか言いようがありません。
戦争がいかに愚かなことで、してはいけないことかを痛感させられます。
戦争が一切ない、平和な世の中がいつの日か訪れることを心から願いたいものですね。




TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< スケールが違う!マトリックスの撮影の為に2キロ以上の高速道路が建設された・・・? | main | 記憶に残る名セリフ!これまで見た漫画の中で最も印象に残った名セリフトップ5とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク