アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

あの天才が!?アインシュタインは7歳まで文字が読めなかった・・・?

2012.06.16 Saturday
歴史・偉人の噂・裏技・裏話

歴史・偉人に関する裏話。
歴史・偉人のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

相対性理論を提唱した天才理論物理学者といえば、アルベルト・アインシュタイン
アインシュタインは、他にも零点エネルギー、固体比熱理論など、常人では理解できないような様々な理論を提唱しました。
まさに誰もが認める天才。

20世紀最大の天才とも呼ばれるアインシュタインですが、実は幼少時代は他の子供よりも知能の発達がずいぶん遅れていました。
一体、アインシュタインは幼少時代、どれくらい発達が遅れていたのでしょうか。

歴史・偉人の噂・裏技・裏話_アインシュタインは7歳まで文字が読めなかった

なんと、アインシュタインは5歳まであまり言葉を話すことができませんでした。
さらに、7歳まで文字がまったく読めなかったのです。
7歳というと、小学校1年生くらいの年齢。
この時点で文字が読めないというのは一般的に考えると発達が遅れていますね。

読字障害とも言われていたアインシュタインですが、数学には驚く才能が秘められていました。
なんと、微分学や積分学など、難易度の高い数学をわずか12歳で独学で習得してしまったのです。

子供の頃は7歳まで文字すら読めなかったアインシュタイン。
その彼が後に20世紀最大の天才となる。
アインシュタインには、ただただ驚かされますね。




TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< チョコやクッキーじゃダメ!?なぜ映画館でポップコーンが定番商品となっているのか・・・? | main | 「び」の違いって何?なすとなすびはどう違うのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク