アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

もう誰にも破れない!?オリンピックでマラソンの最長タイムは54年・・・?

2012.07.28 Saturday

びっくり仰天に関する裏話。
びっくり仰天なトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

4年に1度開催される世界規模のスポーツの祭典、オリンピック
2012年7月27日から8月12日は、ロンドンでオリンピックが開催され、ロンドンが熱気に包まれています。

さて、そんなオリンピックで最後に行われるトリの競技といえばマラソンですね。
各国の選手達の人生をかけた42.195kmに、世界中が注目しています。

そんなマラソンで、過去にとんでもない記録が生まれたことがありました。
その記録とは、スタートからゴールするまでに要した最長タイム
一体、オリンピック史上最も遅いマラソン記録はどのくらいのタイムなのでしょうか。

びっくり仰天な噂・裏技・裏話_マラソン最長記録54年の金栗四三
引用:http://www.town.nagomi.lg.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=52

マラソンの最長記録を保持するのは、日本人の金栗四三(かなぐりしそう)さん。
驚くことに、その記録は54年8ヶ月6日5時間32分20秒3
ありえないような記録ですが、なぜこれほど時間がかかったのでしょう。

金栗さんは1912年にストックホルムオリンピックに出場しました。
しかし、レース中日射病で倒れてしまい、すぐそばの農家で介抱されました。

当時、40度という暑さの中行われたマラソン。
あまりの暑さに参加した68名のうち半分が棄権する大事態。
金栗さんも棄権を余儀なくされました。

ところが手違いがあり、金栗さんは棄権の扱いとされず、競技の途中で行方不明になったという記録になってしまっていたのです。

そんな中、1967年にストックホルムではオリンピック開催55周年記念式典が行われました。
この記念式典の事前準備の際、オリンピック委員会が過去の記録を調べていると金栗さんが棄権をしていないことに気付きました。
それならばと、金栗さんにゴールテープを切ってもらおうと考え、54年ぶりのマラソン完走が実現したのです。
当時金栗さんは75歳でした。

54年というタイムは今後おそらく破られることのない記録。
マラソンでこのようなとんでもない記録が生まれていたとは、驚きの事実ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< ジャイ子はあだ名!?ジャイ子の本名が明かされない理由とは・・・? | main | ハトザイル現る!?EXILEみたいなハトがいる・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク