アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

牛乳が始まりだった!?ローソンのロゴはなぜミルク缶なのか・・・?

2012.08.01 Wednesday

ショップ・レストランに関する裏話。
ショップ・レストランのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

青と白を基調としたデザインが特徴的なコンビニエンスストア大手のローソン(LAWSON)
ローソンでは、人気商品のからあげクンなど、ここでしか味わえないような魅力的な商品を多数取り揃えています。

さて、ローソンのロゴといえば、ミルク缶
店内には牛乳ももちろん販売されてはいるものの、他のコンビニと比べて何か大きな違いがあるというわけではありません。
一体、なぜローソンのロゴには青いミルク缶が描かれているのでしょうか。

ショップ・レストランの噂・裏技・裏話_ローソンのロゴの意味
引用:http://logomarkmania.seesaa.net/article/176313933.html

実は、ローソンは1939年の創業当時、ミルクショップでした。
店を開店したのはアメリカ・オハイオ州のJ.J.ローソンという人物。
このミルクショップは大変好評で、牛乳は非常によく売れました。

J.J.ローソンは、お客さんがたくさん来る為、牛乳だけでなく日用品も売ってみたら売れるのではないかと考え、様々な商品を店内に陳列するようになりました。
すると目論みは大当たり。
牛乳だけでなく日用品も売れ、商売に確信を持つに至ったのです。
こうしてローソンはチェーン展開し、店舗数を増やしていきました。

日本にも進出し、今では日本中に店舗を構えるローソン。
何でも手に入る便利なローソンのはじまりがミルクショップだったとは、意外な事実ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 飲む量が半端ない!?アメリカのスタバにはヴェンティを超えるサイズがある・・・? | main | なんで猫なの!?猫舌の名前の由来とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク