アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

ローマの休日のあの名シーンはアドリブだった・・・?

2012.09.08 Saturday

メディアに関する裏話。
メディアのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

1953年に公開され、世界的な大ヒットを記録したローマの休日
当時新人だったオードリー・ヘプバーンがこの作品をキッカケに世界的な人気を博すこととなりました。

実は、ローマの休日には俳優のアドリブで撮影されたシーンがあります。
そのシーンは、あまりにも有名なあのシーン。
一体、ローマの休日でアドリブで撮影された名シーンとはどのシーンなのでしょうか。

メディアの噂・裏技・裏話_ローマの休日の真実の口のシーンはアドリブ
引用:http://mannyiscinema.blogspot.jp/2010/09/roman-holiday-1953.html

アドリブで撮影されたシーン、それは真実の口のシーン。
俳優のグレゴリー・ペックが真実の口に手を入れると、突然手が真実の口に引きずりこまれてしまうというハプニングが起き、オードリー・ヘプバーンは大慌て。
このシーンにより、真実の口は世界的に有名なスポットとなりました。

実は、真実の口に手を引きずり込まれるという演技はすべてアドリブ。
台本では、そのようなハプニングが起きる設定はありませんでした。
その為、オードリー・ヘップバーンは本気で大慌てしてしまったのです。

このようなアドリブをした理由は、当時新人で少し緊張気味だったオードリー・ヘプバーンの緊張をほぐす為。
狙い通り、オードリー・ヘプバーンの緊張を和らげることに成功しました。

まさかあの名シーンがアドリブだったとは。
グレゴリー・ペックの俳優魂を感じるシーンですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< ビール好きにはたまらない!?ビールなスマホカバーケースがある・・・? | main | しっぽを引っ張ると…ドラえもんの一番の弱点はしっぽ・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク