アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

マラソンはなぜ42.195kmと中途半端な距離なのか・・・?

2012.09.10 Monday

数字に関する裏話。
数字のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

2007年に始まり、毎年2月頃になると開催される日本最大級のマラソン大会といえば、東京マラソン
東京の名所を駆け抜けることができるとあって、一般市民の参加がとにかく多く、応募数は数十万人規模。
その中から抽選で選ばれた3〜4万人の幸運な人が東京マラソンに参加できます。

さて、フルマラソンの距離といえば、ご存じ42.195kmですが、そもそもなぜマラソンの距離は42.195kmと中途半端な数字なのでしょうか。

数字の噂・裏技・裏話_マラソンはなぜ42.195kmと中途半端の距離なのか
引用:http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/21marason.html

42.195kmという距離が設定されるキッカケとなったのは、1908年に開催されたロンドンオリンピック

もともとロンドンオリンピックでは、マラソンは42kmと設定されるはずでした。
しかし、王女のアレクサンドラ・オブ・デンマークが「スタートは宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前で見たい」と、マラソン開催前に要望を出しました。
王女の要望に応える為、距離を調整して最終的に42.195kmという距離となったのです。

ちなみに、1920年のアントワープ大会までは毎回フルマラソンの距離はバラバラでした。
1894年に開催された第1回のアテネオリンピックでは、マラソンの距離は36.75km。
今よりも5km以上も短い距離でした。

毎回フルマラソンの距離がバラバラだと問題の為、1924年のパリオリンピックから走る距離が統一されたのです。
その際、ロンドンオリンピックの42.195kmが採用されました。
中途半端な距離である背景に、ロンドンの王女の一言が関係していたとは、おもしろい事実ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< おかえり、おはよう!?しゃべる猫がいる・・・? | main | 寝るだけでダイエット!?骨盤枕ダイエットとは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク