アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

なぜ果汁100%ジュースは果物そのものよりも安いのか・・・?

2012.09.19 Wednesday

食べ物に関する裏話。
食べ物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

リンゴやオレンジ、ブドウなどなど。
スーパーにはみずみずしい果物が所狭しと並んでいます。

さて、果物の値段を見てみると、どの果物も意外といい値段で販売されています。
例えば、リンゴはどのスーパーに行っても、1個で大体100円前後します。

一方、飲料コーナーでリンゴジュースを見てみると、果汁100%のリンゴジュースが1リットル100円ほどで販売されています。
1リットルのリンゴジュースを作るには、リンゴがいくつも必要となるにも関わらず、なぜジュースはこれほど安い価格で販売されているのでしょうか。

食べ物の噂・裏技・裏話_100%ジュースが果物よりも安い理由
引用:AGRICULTURE CORNER

果汁100%のジュースがどれも実際の果物と比べてずっと安い値段で販売されているのには様々な理由があります。

市場に出回らない果物を使う

ジュースに使う果物は、傷があったり大きさが基準に達していないなど、売り物にならない果物が使用されています。
大きさが基準に達していなくとも、形がどんなに悪かろうとも、ジュースにしてしまえば関係ありません。
そういった果物はコストが安く、ジュース代も安く設定できるわけですね。

輸入品を使う

国産ではなく輸入品を使うこともあります。
原料費や人件費などが安い海外から果物を輸入することでコストダウンとなります。

濃縮還元という製法を使う

濃縮還元果汁という製法を使用することで、保管費や輸送費などを安く抑えることができます。
濃縮還元は絞り取った果汁から水分を飛ばして濃縮し、冷凍保存する製法。
ジュースにする際に水分を加えて元の濃度に戻します。
水分を飛ばした分重量は軽くなり、保管費や輸送費が安く済みます。

このように、果汁100%のジュースが生の果物よりも安い理由は様々あります。
スーパーで果汁100%ジュースを見かけた際は、濃縮還元の物かなど、他の100%ジュースとの違いをじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< ポカリスエットならぬペットスエットがある・・・? | main | 5円玉と50円玉にはなぜ穴が開いているのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク