アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

きつねそば、たぬきそばの名前の由来とは・・・?

2012.09.28 Friday

食べ物に関する裏話。
食べ物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

そばやうどんの定番メニューとなっているきつねたぬき
きつねには油揚げが、たぬきには天カスが入っています。

今や定番となったきつねとたぬきですが、一体なぜ、「きつね」と「たぬき」なのでしょうか。

食べ物の噂・裏技・裏話_たぬきときつねの由来
引用:きつね(麺類)たぬき(麺類)

きつねそばやきつねうどんは、きつねの好物が油揚げだと言われていたことが由来。
また、油揚げの色がきつね色だったことも理由の1つとなっています。

一方、たぬきは様々な説があります。
よく言われているのが、天カスは天ぷらのタネがないもので、「タネ抜き」という言葉から、なまって「タヌキ」と呼ばれるようになった説。
この由来だと、動物のたぬきとはまったく関係ありませんね。

他にも、世田谷の砧(きぬた)さんが天カスの入ったキヌタソバを作ったことから、「きぬた」を逆に読んで「たぬき」となったという説。
たぬきが人を騙すと言われたことと、天ぷらが入っていると思いきや天カスだけしか入っていなくて騙しているようだということを掛け合わせて「たぬき」と名付けられた説。
たぬきそばやたぬきうどんには様々な説があります。

きつねやたぬきにこのような由来があったとは、理由を知るとおもしろいものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< サザエさんでフネと軽(いささか先生の奥さん)の関係とは・・・? | main | サザエさんには30代のキャラクターがいない・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク