アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

ビルなどで見かける定礎の中にはタイムカプセルが入っている・・・?

2012.10.10 Wednesday

生活に関する裏話。
生活のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ビルなどの建物の土台部分には、定礎(ていそ)と書かれた石が埋め込まれています。
この定礎石は南東に配置されることが多く、大抵のビルにこの定礎という文字が刻まれています。

礎(いしずえ)を定めるという字の通り、定礎石は建物の土台となる礎石です。
建物を建てる際、竣工までの安全祈願などを祈って定礎式が行われ、その中で定礎が取り付けられるわけですね。

実は、この定礎の中にはタイムカプセルが埋め込まれているのです。
一体、定礎石の中には何が入っているのでしょうか。

生活の噂・裏技・裏話_定礎の中にはタイムカプセルが眠っている
引用:http://www.pref.ehime.jp/governor/governor_koremade-1504.html

定礎の中には定礎箱と呼ばれる箱があり、その中には様々なものが入っています。

・建物の図面
・お金(当時の紙幣や通貨)
・定礎式当日の新聞
・出資者の名簿
・工事関係者の名簿

などなど、建物の建設に関係する様々な物が大切に保管されているのです。

この定礎箱を取り出すのは建物が取り壊される時。
建物が取り壊されるまで定礎箱の中身は基本的に見る事ができないのです。
まるでタイムカプセルのようですね。

定礎には歴史が詰まっています。
取り壊されるまで見られないとなると、定礎式に関わった人は一生中身を見ることがなさそうですね。
大きな建て物に寄る機会があったら、定礎にも注目してみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 交通事故による死亡者数は10年前の半分にまで減っている・・・? | main | これはひどい…キャプテン翼で主人公の翼の部屋にドン引き・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク