アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

単純な手違いから始まった?Googleの名前の由来とは・・・?

2012.02.21 Tuesday
ITに関する裏話。
ITのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

インターネット検索で圧倒的なシェアを誇るGoogle(グーグル)
Googleは、人類が必要とする情報を集約・整理することを目的として、1998年に設立されました。
仕事にプライベートに、Googleなしでは困るというユーザも非常に多いですね。

今やすっかり世界中へ浸透したGoogleという名前ですが、実はこの名前、ある手違いにより命名されたのです。
一体、どんな手違いがあったのでしょうか。

ITの噂・裏技・裏話_Google(グーグル)
引用:Google

Googleは当初、Googol(グーゴル)という名前で会社を設立することで確定的となっていました。
Googolというのは、10の100乗のこと。
10を100回かけた膨大な数字です。
このGoogolの通り、膨大な情報を集約・整理するという意味合いで命名されました。

しかし、インターネットに「google.com」とドメイン名を登録する際、なんと「googol」を間違えて「google」と登録してしまったのです。
初歩的な綴り間違いではありますが、たまたま打ち間違えたGoogleがなかなかいい感じ。
結果的に、Google(グーグル)という世界最大級の企業が誕生することとなりました。

1つの手違いから生まれた「Google」という名前。
面白い名前の由来ですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< そんなに食べられない!焼肉食べ放題でどれだけ肉を食べれば元が取れるのか・・・? | main | 懐かしのアイテム、ポケベルは今どうなっているのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク