アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

炭酸飲料のペットボトルの飲み口に溝(縦の切れ込み)が入っている理由とは・・・?

2012.10.26 Friday

食べ物に関する裏話。
食べ物のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

コンビニやスーパー、自動販売機など、街の至る所で目にするペットボトル飲料
缶の需要は減り、今ではペットボトルが主流の時代。

さて、ペットボトルの飲み口を見ると、ネジのようにらせん状になっているのが分かります。
らせん状になっていることで、蓋をしっかり閉める事ができ、密閉することができるわけですね。

実は、炭酸飲料の場合、このらせん状の飲み口の部分にある工夫がされています。
一体、その工夫とはどのような工夫なのでしょうか。

食べ物の噂・裏技・裏話_炭酸飲料のペットボトルの飲み口に溝が入っている理由
引用:http://blogs.yahoo.co.jp/akzorps/9424444.html

写真左は通常の飲み口、右が炭酸飲料の飲み口です。
実は、ペットボトルの飲み口についているらせんに溝(縦に切れ込み)が入っているのです。
溝が入っている理由、それは炭酸飲料の圧力でペットボトルが爆発したり、フタが飛ばないようにする為。

炭酸飲料のフタを開けると「プシュー」という音がしますが、この溝からガスが抜けています。
溝がなければ圧力がすべてフタにかかり、フタが吹っ飛んでしまうかもしれません。
溝が圧力の逃げ道となっているわけですね。

同じペットボトルでも、このように飲料の種類によって若干の違いがあるとはおもしろいものですね。
炭酸飲料を買う際は、飲み口がどうなっているか見てみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 一生独身の男性が5人に1人の割合・・・? | main | ノロウイルスに感染しやすい血液型とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク