アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

時間の長さよりも回数が重要!?人は会う回数が多いほど相手に好意を持つ・・・?

2012.10.30 Tuesday

恋愛に関する裏話。
恋愛のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

あなたには気になる異性がいるとします。
例えば、その異性と1ヶ月に10時間だけ会えるとした場合、次のどちらがよい選択となるか考えてみてください。

・月に1回だけ会う(1日で10時間)
・月に5回会う(1日に2時間ずつ)

1日10時間会うほうが、より濃密な時間を過ごすことができそうなものですが、実は後者のように会う回数が多いほうが相手から自分への好意は高まる傾向にあります。
一体なぜ、こまめに会うほうが良いのでしょうか。

恋愛の噂・裏技・裏話_会えば会うほど好意を持つ単純接触効果
引用:http://o5.com/how-to-have-more-meaningful-conversations-with-your-husband/

心理学的に、接する回数が多ければ多いほど、相手に対する好意が高まると言われています。
これは単純接触効果と呼ばれ、その名の通り、単純に何度も接するだけで好意が高まるというもの。

初めて会った時は何とも感じなかったけれど、何度も会ううちに相手に対する好意が強くなっていった。
そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

この単純接触効果の対象は人だけではありません。
食べ物、衣類、ニオイなど、対象が物であっても何度も接するたびに好きになっていきます。
CMも何度も放送することで、単純接触効果により視聴者に良い印象を与えることができるわけですね。

ただし、第一印象が悪い場合は逆効果となる可能性があります。
嫌いと感じた場合、接すれば接するほどさらに嫌いになるという悪循環に陥ってしまいます。

単純に相手と接する回数が多いだけで好意が強くなるとは、人の心理というのはおもしろいものですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< USJの1億人目の入場者に贈られたものとは・・・? | main | 失恋すると休暇が貰える企業がある・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク