アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

肩にかけないと運べない!?初期の携帯電話はどのような物だったのか・・・?

2012.02.22 Wednesday
ITに関する裏話。
ITのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

年々、ハイスピードで進化を見せる携帯電話
近年は、爆発的にスマートフォンの契約数が増加しています。
スマートフォンはパソコン用のインターネットサイトが閲覧できたりアプリが楽しめたりと、かつてないほどのハイスペックな携帯電話。

新しい携帯電話を買ったその数か月後にはさらに進化した携帯電話がリリースされる。
携帯電話の進化の速度は大変目まぐるしいものがあります。

さて、目にもとまらぬ速さで進化を見せる携帯電話ですが、初期の携帯電話はどのようなものだったのでしょうか。

ITの噂・裏技・裏話_ショルダーホン
引用:誰もが電話を"携帯する"までの歴史/Tech総研

1985年に発売された初期のモデル。
当時、持ち運びができる携帯電話はショルダーホンと呼ばれていました。
その呼び名の通り、肩にかけて持ち運ぶ電話。

肩にかけないと運べないほど大きなサイズをしていて、バッテリーを含めた重量は3キロもあります。
現代の一般家庭電話よりも大きいとんでもないサイズ。
手軽に持ち運びなどできないような携帯電話、それが20年以上前の携帯電話でした。
ここまで大きいとは、驚きですね。

ショルダーホンから僅か20数年で、スマートフォンにまで進化した携帯電話。
一体、今後携帯電話はどこまで進化を見せるのか、想像もつきませんね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 握手は力強くしたほうがいい?握手をしただけで相手のやる気が分かる・・・? | main | あっという間にふっくら!ベチャベチャになってしまったご飯をおいしく食べる方法とは・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク