アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

文具業界に大ダメージを与えたアラレちゃんショックとは・・・?

2012.12.29 Saturday

漫画・アニメ・キャラクターに関する裏話。
漫画・アニメ・キャラクターのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

1981年からフジテレビで放送開始され、社会現象とも言われるほどのブームを作り出したアニメ、Dr.スランプ アラレちゃん
1981年12月には最高視聴率38.1%を叩き出し、ちびまる子ちゃん、サザエさんに次ぐ歴代3位の視聴率を記録しました。

これほど視聴者からの反響が大きかったアラレちゃんですが、その影響力は文房具業界にまで及びました。
アラレちゃんは文房具業界を震撼させたある現象を巻き起こしたのです。
その現象はアラレちゃんショックと呼ばれました。

一体、アラレちゃんショックとはどのような現象だったのでしょうか。

漫画・アニメ・キャラクターの噂・裏技・裏話_アラレちゃんショックとは
引用:http://woodeight.at.webry.info/200711/article_1.html

当時、文具店ではアラレちゃんグッズが売れに売れていました。
なんと、一時期売上の50%をアラレちゃん関連商品が占めるほど売れていたのです。

しかし、ブームはいずれ終わるもの。
1982年後半にはアラレちゃんのブームは一気に下火に。
学生の間ではアラレちゃんの話題も終息状態となっていきました。

しかし、流行の最先端に立つ学生とは裏腹に、親の間ではまだまだアラレちゃんブームは終わっていないという認識。
なんと、12月、子どもへのクリスマスプレゼントにアラレちゃんの文具を買う親が相当な数いたのです。
その為、実際はアラレちゃんブームは終わりかかっていたものの、グッズは大量に売れるという矛盾した状況となりました。

文具店はこれを受けて、正月商戦の為にアラレちゃんグッズを大量発注。
しかし時すでに遅し、1月にはアラレちゃんグッズはまったく売れませんでした。
文具店は死活問題とも言えるほど大量の在庫を抱えてしまいました。
この一件はアラレちゃんショックと呼ばれ、その後文具店はキャラクターグッズの発注の際は慎重に行動するようになりました。

子どもと親の温度差が生んだアラレちゃんショック。
ブームというのは、信じられないようなスピードで終わりを迎えるわけですね。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< ワンピースの作者はデビュー当時ペンネームがぶっ飛んでた・・・? | main | 北斗の拳の作者はイジられキャラでお馴染みのあのお笑い芸人の親戚・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク