アンケート
 最新記事一覧
 サイト内検索
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
 スポンサーリンク

舐めれば舐めるほど悪循環!唇を舐めるとなぜ余計に乾燥するのか・・・?

2012.02.24 Friday
身体に関する裏話。
身体のトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

毎年冬になると悩ましい問題となるのが、空気の乾燥
目はシパシパし、肌は乾燥し、唇はガサガサになってしまいます。

そんな中、ついやってしまいがちなのが唇を舐めること。
乾燥でガサガサとなった唇は、舐めると一時的に潤いを取り戻します。
しかし、時間が経つと舐める前よりもひどい乾燥状態に。
そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

一体なぜ、唇を舐めるとさらに乾燥がひどくなってしまうのでしょうか。

身体の噂・裏技・裏話_舐める猫

人間の唇には、薄い油膜が存在します。
これは、唇を外気からの刺激から守る為に分泌されているもので、油膜が多ければ空気が乾燥していても潤いが保てます。

唇を舐めると、この油膜が取れてしまい、唇は唾液が乾燥すると完全な無防備状態。
その為、さらにガサガサとなってしまうのです。
唇がガサガサになってしまった場合は、舐めるのを我慢してリップクリームを使うのが一番いい手段。

乾燥した唇を舐めるのが癖になってしまっている人も多いと思いますが、そこはグッとこらえてリップクリームを塗りましょう。

TOPページへ戻る
スポンサーリンク
<< 身近な物を使って簡単脱臭!靴のニオイを簡単に取る方法とは・・・? | main | 知らない間に結構抜けている?一日に髪の毛は何本抜けるのか・・・? >>
 人気裏話
 Facebookページ

じゃみログのfacebookページを開設しました。
 裏話カテゴリ一覧
リンク集
 スポンサーリンク




スポンサーリンク